子どもの頻尿の特徴はどうか

高齢者に多い頻尿ですが、もちろん小さな子供でもかかります。

 

大人の頻尿と子供のそれとでは要因が違いますから、対応方法も異なります。
ここでは、子供の頻尿の性質を紹介していきます。

 

子供の頻尿の要因

大人の頻尿の主な要因は過活動膀胱や前立腺肥大ですが、
子供の場合は、メンタル的なトラブルか膀胱炎が要因です。

 

率直に言って、ほぼこの2種しかありません。
ちなみに、メンタル面から起こる頻尿の事を「心因性頻尿」と言います。

 

子供はメンタル面が弱かったり、
免疫機能がまだ発達していなかったり、環境の変動への抵抗力が低かったりします。
ですから、このような症状に見舞われがちなのです。

 

子供に起こりやすい膀胱炎

大腸菌等の細菌に感染すると、膀胱に炎症が生じて膀胱炎になります。
大人では女性の方が陥りがちですが、子供の場合男女差はほぼありません。

 

前提として、便のケアがきちんとできていないと、
大腸菌に感染しやすくなるので気をつけましょう。

 

例えば、おむつの中に便をしても親がなかなか気づかない、
お尻の拭き方が良くないなどといった子供は、感染しやすい傾向にあります。

 

子供の年齢によって、便のケアを取り巻く状況が変わるでしょうが、
どの時期でも注意しなければなりません。

 

さらに、常日頃からあまり水を飲まなかったり、尿意に耐えがちな子供も危険です。

 

そして具体的なメカニズムとしては、細菌感染が原因で尿道や膀胱に刺激が加わる事で、
排尿が促進され、膀胱に適切な分量の尿が蓄積する前に尿意が起こるようになります。

 

そして膀胱炎に陥ると頻尿になるだけでなく、おしっこの時に痛くなる事も多いです。
さらに、高熱に見舞われる事もあります。

 

ある程度の年齢になれば、自分で痛い事を親などに知らせる事もできますが、
それに満たない年齢だとそうはいきません。
おしっこの際に痛そうなのであれば、膀胱炎を疑いましょう。

 

さて、膀胱炎の検査は小児科で施してもらう事が可能です。
尿の培養検査や単純な尿検査で、出血や白血球の増加が確認されれば、
膀胱炎とみなされます。

 

膀胱炎の要因は細菌感染ですから、抗生剤などで菌を殺す事によって治します。
別の病気と絡んでいない急性膀胱炎(単純性膀胱炎)の場合は、
数日も見ておけば十全に治ります。

 

痛みが消えている頃には、頻尿が解消されているはずです。

 

子供によくある心因性頻尿

心因性頻尿が、子供にはかなり良く見られます。

 

一例として、寂しい時におもらしをする子供が結構いますが、
これも一過性の心因性頻尿と言えます。

 

そしてそのような際に怒られると、注意されないように、
逆に頻繁にトイレに向かうようになる事もあります。

 

心因性頻尿では身体機能的な異変はないわけですから、
熱が出たり痛くなったりするような事はありません。
あくまで子供の精神面の様子から診断、もっと言えば推理する事になります。

 

また、何かに没頭している際には、頻尿にならないというのであれば、
それも心因性頻尿である可能性が高いです。

 

ちなみに、心因性頻尿に関しても小児科でOKです。

 

心因性頻尿に関しては、子供にストレスが圧し掛かっていなかったかなどを、
客観的に判断する事が重要です。

 

親の立場からすれば、否定したくなるかもしれませんが、
第三者から見れば「随分きつい物言いをするなあ」と感じる事も少なくないものです。

 

そのような習慣を改善したり、
子供がトイレに向かい過ぎる事を防止したりするために、
色々な助言をしてもらえます。

 

心因性頻尿の場合は、緊張やストレスの要因が消えれば、
数週間以内に治癒するケースが大半です。

 

ストレスや緊張に強くない子供だと、ぶり返す事もあるでしょうが、
成長して打たれ強くなれば、だんだん頻尿が起きなくなっていきます。
デリケートゾーン 臭い